【VGC2016ダブル】JCS使用構築 グラレック 【スペレ1908】

JCSお疲れ様でした。

まず最終的な形に落ち着くまでのパーティの変遷をご紹介した後に構築の詳細に移る。

 

f:id:westb24:20160506200058p:plainf:id:westb24:20160506200209p:plainf:id:westb24:20160506200224p:plainf:id:westb24:20160506200245p:plainf:id:westb24:20160506200319p:plainf:id:westb24:20160506200336p:plain

f:id:westb24:20160506200058p:plainf:id:westb24:20160506200209p:plainf:id:westb24:20160506200224p:plainf:id:westb24:20160506200245p:plainf:id:westb24:20160506200408p:plainf:id:westb24:20160506200336p:plain

f:id:westb24:20160506200058p:plainf:id:westb24:20160506200209p:plainf:id:westb24:20160506200224p:plainf:id:westb24:20160506200245p:plainf:id:westb24:20160506200438p:plainf:id:westb24:20160506200336p:plain

f:id:westb24:20160506200058p:plainf:id:westb24:20160506200209p:plainf:id:westb24:20160506200224p:plainf:id:westb24:20160506200245p:plainf:id:westb24:20160506200438p:plainf:id:westb24:20160506200519p:plain

f:id:westb24:20160506200245p:plainf:id:westb24:20160506200209p:plainf:id:westb24:20160506200224p:plainf:id:westb24:20160506200408p:plainf:id:westb24:20160506200438p:plainf:id:westb24:20160506200519p:plain

f:id:westb24:20160506200245p:plainf:id:westb24:20160506200209p:plainf:id:westb24:20160506200224p:plainf:id:westb24:20160506200655p:plainf:id:westb24:20160506200438p:plainf:id:westb24:20160506200519p:plain

f:id:westb24:20160506195416g:plainf:id:westb24:20160506195356g:plainf:id:westb24:20160506195319g:plainf:id:westb24:20160506195449g:plainf:id:westb24:20160506195427g:plainf:id:westb24:20160506195756g:plain

 

f:id:westb24:20160506200245p:plainだんがいのつるぎ/いわなだれ/まもる/ほのおのパンチ

  もちもの:べにいろのたま とくせい:ひでり→おわりのだいち

f:id:westb24:20160506200209p:plainガリョウテンセイ/たきのぼり/ドラゴンクロー/しんそく

  もちもの:とつげきチョッキ とくせい:エアロック→デルタストリーム

f:id:westb24:20160506200224p:plainこごえるかぜ/スキルスワップ/てだすけ/トリックルーム

  もちもの:オボンのみ とくせい:ふゆう

f:id:westb24:20160506200655p:plainハイパーボイス/てだすけ/まもる/でんこうせっか

  もちもの:ラムのみ とくせい:フェアリースキン

f:id:westb24:20150609223019p:plain10まんボルト/ねっぷう/まもる/おいかぜ

  もちもの:いのちのたま とくせい:せいでんき

f:id:westb24:20160506200519p:plainダークホール/ワイドガード/キングシールド/このゆびとまれ

  もちもの:メンタルハーブ とくせい:ムラっけ

 

レックウザと合わせる伝説といえば、多くはカイオーガを想像する。カイオーガにするとディアルガの処理がきついうえに、トップメタであるグラードンに対して、カイオーガの水技を通すことを考えるとレックウザメガシンカのタイミングを考えて行動しなければならない。そこで天候を維持せずともグラードンに打点を持てるグラードンを相方としパーティを組み始めた。

 

f:id:westb24:20160506200245p:plainグラードン

いじっぱり 199-187-160-xx-134-127

ゲンシカイキ199-220-180-xx-134-127

C222ゲンシグラードンだいちのちから(93.7%耐え)

S+1 最速メガボーマンダ+1

f:id:westb24:20160506200209p:plainレックウザ

いじっぱり 181-222-110-xx-110-147

メガシンカ 181-255-120-xx-120-167

メガシンカ後最速99族+1

f:id:westb24:20160506200224p:plainクレセリア

おだやか 226-xx-140-95-177-128

S+1 最速メガボーマンダ+2

f:id:westb24:20160506200655p:plainニンフィア

ひかえめ 202-xx-86-178-150-80

A165メガボーマンダすてみタックル耐え

f:id:westb24:20150609223019p:plainサンダー

おくびょう 165-xx-106-177-110-167

f:id:westb24:20160506200519p:plainドーブル

わんぱく 162-40-95-xx-66-95

ダブルダメージA255ゲンシグラードンのだんがいのつるぎ耐え

ダブルダメージC172メガボーマンダハイパーボイス耐え

S+2 最速ボーマンダ+1

 

※基本的に伝説は非理想個体

 

f:id:westb24:20160506200245p:plainグラードン

今大会屈指の強さ。物理グラードンは、ほのおのパンチ、だんがいのつるぎは確定。

最初はみがわりが入っていたが、浮いてるポケモン処理がきつすぎるためにいわなだれに変更。結果ファイアローなどに対して有効打を得られた。メインウエポンのだんがいのつるぎは、威力120命中85と高威力範囲技だが、15%のはずしがこのルールでは負けに繋がることが多い。特にゼルネアスの処理する際にはほのおのパンチを優先的に選択するべき。素早さに関しては、メガボーマンダの上を取っているかいないかではこちらの行動回数が制限されてしまうのでこれで良い。削った攻撃に関しては範囲攻撃とあわせることで補えると考えた。

 耐久に関しては、C222ゲンシグラードンの大地の力を耐えるラインまで振ることでグラードンミラーの際には、素早さを気にせず、強気の選択を取れる点で強いと感じた。

 グラードンを抑えるポケモンとして良く採用されているボーマンダがかなりきついうえに威嚇までもらってしまう点とだいちのちから、炎技といった命中が安定している特殊グラードンでも良いのではなかったのかと感じている。(個体がなかった)

f:id:westb24:20160506200209p:plainレックウザ

個人的には今ルール最強のメガシンカ。構築の最初の段階ではこだわりハチマキを持たせ、ある程度耐久に振ったカイオーガゼルネアスを一撃で倒せることに魅力を感じ、使用していたが、対戦を重ねるにつれて技を打ち分けたい場面が多々あったためもちものを変更した。珠を持たせて処理スピードをあげることも考えたがこのパーティでは伝説2匹がメインアタッカーとなっており、早々に処理されてしまうと打点不足で押し負けるので、とつげきチョッキとした。結果的に特殊グラードンに滅法強くなった点、メガボーマンダとの対面で強気に動ける点、不意のめざ氷などを余裕を持って耐えることができた。技構成としては、メインウエポンのガリョウテンセイ、優先度+2のしんそくは確定。たきのぼりグラードンにたいして遂行速度が上がるのでできるだけ採用したい。ドラゴンクローに関しては、りゅうせいぐんでも良い。

f:id:westb24:20160506200224p:plainクレセリア

パーティの要。基本的には後発からのS操作や数値を活かして(オボンも込みで)受けにでる。

トリックルームの枠は、本来でんじはとして、おいかぜ下やジオコントロールを積んだゼルネアスに対策として採用していた。しかしでんじはのように単体を選択して行動する技よりも、おいかぜやトリックルームなどといった面としての対策が重要であることからトリックルームに変更した。これのおかげでグラードンカイオーガスイッチトリパといったようなパーティに対しての勝率があがった。

 こごえるかぜやトリックルームのS操作と相性が良いのがスキルスワップである後に紹介する対戦動画でもカイオーガの上を取れていれば水タイプの技を無効化し、試合展開を有利に進めることができる。

f:id:westb24:20160506200655p:plainニンフィア

もともとはマニューラがいた。このパーティで処理のきついボーマンダマニューライベルタルへの打点として採用。ラムのみは、ゼルネアスドーブルといった並びに対して有用である。ジオコントロール+ダークホールの動きの際にハイパーボイスを通しながら横のグラードンはまもり、次のターンでんこうせっかとほのおのパンチといった選択でドーブルを処理しながら大きくゼルネアスを削ることができた。今回ひかえめでの採用となっているがでんこうせっかの威力、ドータクンに対しての被ダメを考えると冷静でよい。

てだすけは読まれにくい技で捨てる際にでも使える技ですが、捨てるときには攻撃技を選択しておいたほうが良い場面もあったので気を付けましょう。

f:id:westb24:20150609223019p:plainサンダー

一番最後に入ってきたポケモンイベルタルレックウザカイオーガに打点を持て、追い風といったS操作ができる。レックウザとのデルタストリームとも相性◎。

まもるの枠は、最初ほえるであったがドータクンエルフーンがサンダーの前でかならずトリックルームをするかどうかと考えた時に怪しさを感じたので変更。また、初手や守る切ってると思われ集中をさけるために採用した。イベルタルカイオーガに対して大きく入る10万ボルト、グラードンとも相性の良く範囲技のねっぷう。クレセリアのこごえるかぜがあるため特別めざ氷がほしい場面は少なかった。

f:id:westb24:20160506200519p:plainドーブル

構築の序盤では最速襷で使用していたが、初手クロバットボルトロスといった最速ドーブルの上から挑発を受けることが多すぎたので、もちものをメンタルハーブに変更。こうすることでボルトロスクロバットに対して動きやすくなった。キングシールドは物理攻撃に対してうまく合わせれば強いが、挑発等が透けるので汎用性を考えるとニードルガードでも良かった。ワイドガードに関してはねこだましと選択。当初はねこだましを使用していたがねこだましを打った後に腐りやすいと感じたためワイドガードに変更した。このゆびとまれダークホールはいわずもがな。ダークホールなどの技は命中すれば強いがしないと返り討ちに合うのでインターネット大会など試合数が制限されているルールには不向き。

 

シーズン15のスペシャルレートにて1908を記録。

f:id:westb24:20160506215908p:plain

 

このパーティを使用した動画

 

 

 

推敲していませんので、文章がおかしいところがあるかもしれませんが、

最後まで読んでいただきありがとうございました。

なにかあればtwitterのほうまで → @WestGleen

【ORAS全国ダブル】サルマンダキザン

 

f:id:westb24:20150609223707g:plainf:id:westb24:20150609223431g:plainf:id:westb24:20150609223453g:plainf:id:westb24:20150609223631g:plainf:id:westb24:20150609223239g:plainf:id:westb24:20150609223502g:plain

 

 f:id:westb24:20150609222830p:plainインファイト/かえんほうしゃ/フェイント/ねこだまし

   もちもの:きあいのタスキ とくせい:もうか

f:id:westb24:20150609222800p:plainハイパーボイス/りゅうせいぐん/まもる/だいもんじ

  もちもの:ボーマンダナイト とくせい:いかく→スカイスキン

f:id:westb24:20150609222917p:plainアイアンヘッド/ふいうち/まもる/はたきおとす

  もちもの:いのちのたま とくせい:まけんき

f:id:westb24:20150609223051p:plainねっとう/ほろびのうた/まもる/てだすけorれいとうビーム

  もちもの:ソクノのみ とくせい:あめふらし

f:id:westb24:20150609223132p:plainギガドレイン/キノコのほうし/まもる/いかりのこな

  もちもの:ゴツゴツメット とくせい:さいせいりょく

f:id:westb24:20150609223019p:plain10万ボルト/ねっぷう/おいかぜ/はねやすめ

  もちもの:オボンのみ とくせい:プレッシャー

 

概要:メガボーマンダを軸としたパーティである。コンセプトとしては、ハイパーボイスの試行回数を稼ぐこと。そのためには、半減で受けにくることが多いヒードランギルガルドを牽制するためのニョロトノキリキザン、また2体を上から殴ることができる猫だましを使えるゴウカザル、怒りの粉で行動をサポートできるモロバレル、特殊型のボーマンダでは処理が遅くなってしまいがちである高耐久水タイプに打点のあるサンダーを採用した。 

 

 個別解説

f:id:westb24:20150609222830p:plainゴウカザル 

むじゃき 151-154-91-127-81-176

インファイト H4メガガルーラ 高乱数1 (75%)

かえんほうしゃ H4キリキザン 確定1

 

f:id:westb24:20150609222800p:plainボーマンダ

おくびょう 179-xx-100-162-100-158

Sライン 最速ランドロス+1 

 

メガシンカ

おくびょう 179-xx-150-172-110-180

Sライン 最速ボルトロス+1

 

f:id:westb24:20150609222917p:plainキリキザン

いじっぱり 141-194-120-xx-90-122

 

f:id:westb24:20150609223051p:plainニョロトノ

ひかえめ 195-xx-109-140-123-91

H-B A177メガガルーラすてみタックル最高乱数以外耐え

H-D C222ギルガルドシャドーボール確定3

 

f:id:westb24:20150609223132p:plainモロバレル

のんき 221-xx-133-105-102-31

 

f:id:westb24:20150609223019p:plainサンダー

ひかえめ 197-xx-117-160-126-125

H-B A194メガガルーラすてみタックル最高乱数以外耐え

H-D C194サザンドラのメガネ流星群 81.2%で耐え

S 最速バンギラス抜き

 

f:id:westb24:20150609222830p:plainゴウカザル

ねこだまし枠。ボーマンダの苦手なガルーラヒードランを大きく削ることのできるインファイトギルガルドキリキザンに打点となる炎技の採用は確定。炎技として今回は火炎放射を選択した理由としては、命中安定技のためリスクなく選択できる点ある。残りひと枠としては、相手のねこだまし、先制でんじはなどを防ぐことのできるファストガード、相手の行動を制限できるアンコール、火力補佐できるてだすけなどの候補が挙げられるが今回はフェイントとした。相手のまもるタイミングに合わせてフェイント使うことで大きなアドバンテージを得ることができる。またゴウカザルは候補に挙げた通り優秀な技の選択肢があるので読まれにくいと思い採用へと至った。このPTではゴウカザルボーマンダ(通称サルマンダ)やゴウカザルキリキザン(通称サルキザン)といった並びで選出することが多かった。

 

f:id:westb24:20150609222800p:plainボーマンダ

相手のランドロスのもちもの判定のためにSラインを158とした。メガシンカ後には最速ボルトロスまで抜けること、またテラキオンを上から殴ることができるので使用感は悪くはなかったが火力不足をやや感じた。基本的な技選択としてはハイパーボイスを押していくスタイルになる。大文字の採用理由としては、H252振りのギルガルドを確定2発にするためである。しかし15%で外すといった不安要素も見られ、実際にブレードフォルムのギルガルドキリキザンに技を外して泣いた場面があった。ひかえめにするとかえんほうしゃでH4キリキザンが焼けるようになる(その場合ギルガルドが乱数2発)ため、Cに補正をかけるなら火炎放射の採用も視野にいれるべきである。りゅうせいぐんはこのPTでドラゴンタイプを見れるポケモンが少ないために採用した。

 

f:id:westb24:20150609222917p:plainキリキザン

ボーマンダでは処理が遅い、霊・妖・超を潰す枠。猫持ち+トリル役であったり、メガサーナイト相手だとゴウカザル + キリキザンといった並びで選出し、ねこだましやフェイントを絡めて処理していく。またボーマンダハイパーボイスである程度削ることができるので、あとは不意打ちで縛りながら行動する。交代読みのはたきおとすが強いのもGOOD。

 

f:id:westb24:20150609223051p:plainニョロトノ

ニョロトノの強みは、それなりの耐久値 + 天候のおかげで火力もあるので、相手から見ても放置できないポケモンといったところだろうか。またリザードンYに対しても後出しすることでリザードンに対して滅法強くなれるのも◎。火力を補佐するてだすけも魅力的だが一番の強みは滅びの歌にある。いままであげた上記3体はお世辞にも耐久が高いといえないため早期決戦が望まれる。瞑想クレセや瞑想スイクンなど積みポケモンに関しては処理が難しくなってしまうので、試合の序盤で相手2体を削ればのこりは滅びの歌を絡めて無理矢理勝ちを取ることができる。実際にこのパターンで勝利することも多かった。(動画参照)

 

f:id:westb24:20150609223132p:plainモロバレル

いかりのこなでなんやかんや吸うキノコ。それに加えてキノコの胞子をつかいボーマンダモロバレルの並び(通称マンダバレル)でハイパーボイスの試行回数を稼ぐ。ニョロトノモロバレルの並びで滅びの歌のサポートもできる。

 

f:id:westb24:20150609223019p:plainサンダー

前述のとおり、高耐久の水ポケモンに対して大きく削ることのできる枠。またはねやすめがあることで多くの水高耐久ポケに崩されることなく役割を遂行できるのは非常に優秀だと感じた。おいかぜは、おいかぜミラーや相手が雨パーティのときに選出する。サンダー=おいかぜの印象が強いため、雨パーティにおける多くのルンパッパはサンダーにねこだましをしてくれるのでその間に隣で削るということになる。

 

 

シーズン7に使用

シーズン最終日に 1717から 18勝3敗 で1958 最終順位21位に

f:id:westb24:20150610212439p:plain

 

 

このPTを使用した動画

 

最終日にも関わらず、ゴウカザルを交換してくださったこもりんさんに感謝。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

なにかあればtwitterのほうまで → @WestGleen

【全国ダブル】第1回うえすとオフ結果

 

初めてのオフ会開催にも関わらず定員の30名も集まって頂けて嬉しかったです。

参加してくださったみなさん、運営を手伝って頂いた方ありがとうございました!

 

結果については以下の通りです。(敬称略)

開催日:2015/03/07(土)

場所:天王寺区民センター 

参加者 30名

優勝者景品:ポケットモンスターアルファサファイア

 

f:id:westb24:20150307163234j:plain

 

優勝 west

 

f:id:westb24:20150308105745g:plainf:id:westb24:20150308105909g:plainf:id:westb24:20150308105926g:plainf:id:westb24:20150308110032g:plainf:id:westb24:20150308110100g:plainf:id:westb24:20150308110122g:plain

 

 

準優勝 ハルバトン

 f:id:westb24:20150308110851g:plainf:id:westb24:20150308110914g:plainf:id:westb24:20150308111036g:plainf:id:westb24:20150308111056g:plainf:id:westb24:20150308111154g:plainf:id:westb24:20150308111244g:plain

 

 

Best4 ひゆうすい

f:id:westb24:20150308111616g:plainf:id:westb24:20150308111639g:plainf:id:westb24:20150308111754g:plainf:id:westb24:20150308111948g:plainf:id:westb24:20150308111824g:plainf:id:westb24:20150308111859g:plain

 

Best4 Zi-ma

f:id:westb24:20150308112214g:plainf:id:westb24:20150308112217g:plainf:id:westb24:20150308112236g:plainf:id:westb24:20150308110032g:plainf:id:westb24:20150308111154g:plainf:id:westb24:20150308112317g:plain

 

Best8 地紋

 

f:id:westb24:20150308111639g:plainf:id:westb24:20150308112625g:plainf:id:westb24:20150308112640g:plainf:id:westb24:20150308110032g:plainf:id:westb24:20150308112703g:plainf:id:westb24:20150308112217g:plain

 

Best8 俺参上

 f:id:westb24:20150308105926g:plainf:id:westb24:20150308111056g:plainf:id:westb24:20150308110032g:plainf:id:westb24:20150308113124g:plainf:id:westb24:20150308112317g:plainf:id:westb24:20150308113156g:plain

 

 Best8 りうむ

f:id:westb24:20150308113350g:plainf:id:westb24:20150308112236g:plainf:id:westb24:20150308113436g:plainf:id:westb24:20150308113446g:plainf:id:westb24:20150308113500g:plainf:id:westb24:20150308113520g:plain

 

Best8 シロー

f:id:westb24:20150308111154g:plainf:id:westb24:20150308111056g:plainf:id:westb24:20150308113723g:plainf:id:westb24:20150308105909g:plainf:id:westb24:20150308113732g:plainf:id:westb24:20150308113751g:plain

 

 対戦結果(予選グループ) 緑色1位抜け 水色2位抜け

 Aブロック

f:id:westb24:20150308114527p:plain

 

Bブロック

f:id:westb24:20150308115116p:plain

 

Cブロック

f:id:westb24:20150308170802p:plain

 

Dブロック (2位はじゃんけんにより決定)

f:id:westb24:20150308115121p:plain

 

被りポイント

12 霊獣ランドロス

10 モロバレル

9 ゲンガー

7 サザンドラ リザードン

6 ニョロトノ バンギラス

5 ガルーラ 化身ボルトロス サンダー テラキオン トリトドン ニンフィア ヒードラン

4 ギルガルド サーナイト ファイアロー

3 ウォッシュロトム エルフーン クチート クレセリア ボーマンダ マニューラ マリルリ ルンパッパ

2 キノガッサ ギャラドス キングドラ ゲッコウガ スイクン ドリュウズ ハッサム ライチュウ ラプラス ルカリオ 霊獣ボルトロス レパルダス

1 エンテイ エンブオー カメックス キュウコン キリキザン サメハダー シャンデラ シュバルゴ ズルズキン チルタリス デリバード トゲキッス ドサイドン ナットレイ バシャーモ パチリス ハリテヤマ ヒートロトム ピクシー フシギバナ メタグロス ヤドラン ユレイドル ラティアス レントラー ローブシン ワルビアル

 

 

 

 第2回の開催も是非行えたらなと思います。

本当にみなさまありがとうございました!

第一回うえすとオフ

 ※2015年3月7日(土)までトップ記事となります。

※3/4(水) ルール、禁止事項等の変更・追加を行いました。(青字)

 

日時:2015年3月7日(土) 10:00~17:00

場所:天王寺区民センター第2会議室

   会場までのアクセス

参加費:300円(参加人数により多少増減あり)

定員:30名(主催含む)

※定員を超えた場合は先着順でキャンセル待ちとなります。

 

参加方法

以下のテンプレに習って、当記事にコメントしてください。

テンプレ

【HN】west

【twitterID】WestGleen

【一言】挨拶、意気込みなど

 

募集期間 2月8日(日) 23:30~ 3月5日(木)23:59 まで

※参加のキャンセルにつきましても募集期間内にてお願いします。

 

【当日スケジュール(予定)】※変更する可能性がございます。

10:00 開場(現地集合)・受付開始

10:30 挨拶・自己紹介

10:45 予選開始

12:00 お昼休み(50分程度)

14:30 予選終了 

14:45 決勝トーナメント

17:00 完全解散

 

【対戦ルール】

ポケットモンスターORASでのダブルレーティング準拠

詳しくはこちらをご確認ください。

ニンテンドー3DS用ソフト「ポケットモンスターオメガルビー」「ポケットモ

ンスターアルファサファイア」を使用し対戦します。

 

使用ポケモン

※カロスマーク個体のみ使用可能となります。

 

対戦中の制限時間はランダムマッチと異なりますのでご注意ください。

1試合の対戦時間:60分

対戦に出すポケモンを選ぶ時間:1分40秒

1ターンの技選択時間:1分40秒

 

ゲーム内では、1試合の対戦時間が60分となりますが

 運営上、1試合の制限時間を30分とさせていただきます。

30分時点で勝敗がついていない場合は、30分を超えてから3ターン後まで対戦していただき、それでも勝敗がつけられない場合はレーティングバトル準拠の以下の順番で勝敗を判定します。(残りのポケモンの数が同じ場合は、互いに実数値を確認できる状態の上、手持ちの残ったポケモンのHP数値 および 手持ちのポケモンの最大HPのメモをお願いします。)

① 残ったポケモンの数が多いプレイヤーの勝利

② ①でも同数の場合、残ったポケモンのHPの合計/手持ちのポケモンの最大HPの合計が多いプレイヤーが勝利

③ ②でも同数の場合、残ったポケモンのHPの合計が多いプレイヤーが勝利

それも同じ場合は、引き分けとなります。

 

 

【ゲーム内での操作】

PSS内にある対戦→近くの人と対戦

ダブルバトル、フラットルール、ハンデなし と決定し対戦を行ってください。

 

※被りポイント集計のためにパーティをこちらで用意した用紙に書いていただき、回収する予定です。 

 

【大会形式】

最大4グループのリーグ戦(参加人数により変動あり)

各グループ上位2名が決勝トーナメントへ

 

順位の決定方法

①勝利数

②遅刻の有無(遅刻した人が同率内で最下位)

③対戦数の消化順

④直接対決の結果

⑤じゃんけん

 

【禁止事項】

・同じニックネームを付けたポケモンの使用

・大会中のポケモンの変更(持ち物、技、ステータス、ニックネーム等)

・当日までに解禁されていない夢特性ポケモン

・改造ツール等の正規以外の手段で手に入れたポケモン、持ち物の使用

・対戦中に電子機器(スマートフォン、電卓)等を用いたダメージ計算(紙+ペンは使ってもOK)

・対戦中の有無に関わらず、第3者がアドバイス、相手の情報をインターネットに書き込む、口に出す、情報の共有等の行為

 

【注意事項】

・隣の部屋と間仕切りで仕切られているだけなので、必要以上に大きな声を出したり、走ったりなど、他参加者の迷惑にならないようにお願いします。

・軽い飲食は可能です(においの出るものはご遠慮ください)が、各自でごみは持ちかえるようにお願いします。

・主催も対戦に参加するので運営に影響する恐れがあります。

・貴重品は各自自己管理でお願いします。

※紛失・盗難等の責任を負いかねませんご了承ください。

・その他行動や言動に問題がある方退室していただきます。また次回以降の参加を禁止にさせていただく恐れがあります。

・運営に関しては、主催側の指示に従うようにお願いします。

 

初めてのオフ会開催につき、至らぬ点があるとは思いますがご了承ください。

また説明の不備不明な点がございましたら、お気軽にお申し付けください。

随時変更・更新していく予定です。

 

【参加者一覧】(敬称略)

west(運営)

シロー(運営)

baocky.(運営)

マルク

いい やぉ

りうむ

パチュルノ

フレディ

ぬぁぁぁぁぁ

しゅん

スパゴジ

みかんあめ

あかつき

みるるぅーん

ラドン

あすとろ

ぺっく

射命丸

かさ

ショウダイ

ひゆうすい

ハルバトン

ナム

地紋

Zi-ma

コウメ

カイバ

Tausuke

俺参上

コーパ 

 

 

 

 

【全国ダブル】マニューラテラキオン+メガカメックスファイアロー

f:id:westb24:20150222195924p:plainねこだまし/つららおとし/はたきおとす/フェイント

  もちもの:きあいのタスキ とくせい:プレッシャー

f:id:westb24:20150222195904p:plainいわなだれ/インファイト/まもる/にどげり

  もちもの:ラムのみ とくせい:せいぎのこころ

f:id:westb24:20140903145810p:plainねこだまし/しおふき/あくのはどう/はどうだん

  もちもの:カメックスナイト とくせい:メガランチャー

f:id:westb24:20150222200039p:plainブレイブバード/フレアドライブ/おいかぜ/ファストガード

  もちもの:いのちのたま とくせい:はやてのつばさ

 f:id:westb24:20140903150033p:plainラスターカノン/シャドーボール/キングシールド/ワイドガード

  もちもの:ぼうじんゴーグル とくせい:バトルスイッチ

f:id:westb24:20150222200125p:plainギガドレイン/キノコのほうし/まもる/いかりのこな

  もちもの:ゴツゴツメット とくせい:さいせいりょく

 

概要:XYで活躍したメガカメックスをメインに考えた構築。カメックスの相方としてよく使われているファイアローと組ませ、追い風展開から上を取れる形を取った(いわゆるカメアローの並び)。また、現在リザードンが流行っている環境のため、テラキオンを採用する形となり、ギミックとしてマニューラ採用することで、相手にマニュテラキを意識させるような並びとなった。このままだと電気を受けることがかなりきつくなるのでモロバレルで吸う形に。またモロバレルのみだとニンフィアがつらいためギルガルドを採用した。

 

個別解説

f:id:westb24:20150222195924p:plainマニューラ A252 D4 S252 

ようき 145-172-85-xx-106-194

AS振り。技の威力的につららおとし以外選択の余地がないが、命中90%なんて信用してはならない。普通のマニュテラキのギミックとしてみるならふくろだたきを採用するべきだがしない理由としては、一緒にださないと選出段階で腐りやすくなるからである。また、エルフテラキとは違い、相手に上を取られている状態から追い風してS逆転してから叩きを入れれるわけではないのでふくろだたきしてからの展開のしにくさを感じたのでふくろだたき→はたきおとすとした。最後の技として一般的に使用されているのはこおりのつぶてが挙げられるが、テラキオンのいわなだれ、カメックスのしおふきをワイドガードで防がれないためにフェイントとした。

 

f:id:westb24:20150222195904p:plainテラキオン H4 A252 S252

ようき 借りているものなので非公開

AS振り。特になにもいうことのない普通のテラキオン。にどげりを採用しているのは、PT単位でキリキザンへの打点が少ないためである。実際キリキザンと対面になっても、引いてくるもしくは守ってくることが多くてなかなかにどげりが決まらなかった印象。カメックスを先制技からまもるためファストガードでもいいかもしれない。 

 

f:id:westb24:20140903145810p:plainカメックス H100 B4 C148 D4 S252

おくびょう 167-xx-121-124-126-143

      167-xx-141-174-136-143

一般的なカメアローの並びとして採用されているので多いのが、ひかえめな印象にあるがこのPTではヒードランの打点を考えた時に、カメックステラキオンしかいないため、カメックスは最速ではいけないと考えた。カメックスを採用する一番の理由としては、強い全体技持ち+悪の波動波動弾などの範囲技も優秀であることだが、ORASでの先制技環境下では、潮吹きのHP管理が難しくただぶっぱするだけではこちらのHPが削られてしまい、低威力で抜群をとっても落とせないということがあるので、扱いが難しいかもしれない。またファイアローと組ませるあたっては、ファイアローが先制で追い風を展開してから動くために初手にねこだましから入るのではなくまもるから入ってもよかったかもしれない。しかしねこだましが生きた試合もあるので一長一短だろう。

 

f:id:westb24:20141105210157p:plainファイアロー H4 A252 S252

ようき 154-133-91-xx-89-195

陽気ASファイアロー。意地っ張りでない理由としてはファイアロー同士の同族対決、ボルトロスエルフーンより先に行動できるようにするためである。ファストガードの採用理由としては、カメックスを先制技からまもりHP管理のサポートをするため。しかしカメックスファイアローの初手の並びからは、容易にファストガードが予想できるためにガルーラはいきなりすてみタックルで攻撃してくるなどファストガードを安易に選択してはならない。 

 

f:id:westb24:20140903150033p:plainギルガルド  H252 B4 C180 D4 S68

ひかえめ 167-xx-171-102-171-89

テンプレな技構成のギルガルド。持ち物の「ぼうじんゴーグル」であるが、このPTで処理が遅くなってしまうモロバレルフシギバナに強くするためである。モロバレルは、多くの場合ギルガルドにキノコのほうしから入ってくるので、その間に横のポケモンにダメージを与えることができるのが強み。Sラインに関してだが最近のニンフィアのSラインが上がりつつあるため、珠を持たすのであればSを上げるのも視野。最近のギルガルドはワイドガードが有名になりすぎてあまり刺さってない印象。

 

f:id:westb24:20150222200125p:plainモロバレル H252 B244 D12

のんき 221-xx-133-105-102-31

PT単位でほしくなる草打点。またPT唯一の電気の受けられるポケモン。そのため使い捨てのように雑に扱うのではなくどれだけ温存しながら戦えるかが鍵となる。キツイポケモンにはひたすら眠ってもらうしかない。カメックスモロバレルの相性◎

 

シーズン途中ではあるが1951を記録。

f:id:westb24:20150224110320p:plain

 

このPTを使用した実況動画

 

 

最後にテラキオンの個体を貸してくれたシローに感謝。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

なにかあればtwitterのほうまで → @WestGleen

【全国ダブル】メガバクーダトリル ver1.0

f:id:westb24:20141227083314p:plainf:id:westb24:20141227083524p:plainf:id:westb24:20141227083706p:plainf:id:westb24:20141227083544p:plainf:id:westb24:20141227083347p:plainf:id:westb24:20141227083640p:plain

 

ポケモン 技1 技2 技3 技4 持ち物 特性
ハリテヤマ インファイト ねこだまし フェイント ヘビーボンバー チョッキ あついしぼう
サマヨール いたみわけ トリックルーム まもる にほんばれ 輝石 おみとおし
バクーダ だいちのちから ねっぷう まもる ふんか メガ石 ハードロック
トリトドン れいとうビーム だいちのちから まもる じこさいせい オボン よびみず
エルフーン くさむすび トリックルーム まもる にほんばれ メンハ いたずらごころ
アマルルガ ハイパーボイス フリーズドライ まもる げんしのちから フリーズスキン

 

概要

 ORASになってメガシンカを得たバクーダを一度使いたくてPTを考えていた。当初は雨が流行りまくっていたので、パラセクトやらを突っ込んでいたがあまり勝率がよくなかったため、改良することに。とはいってもどうしていこうか迷っていた際にtwitterでフォローさせていただいているbaocky.さんもメガバクーダ構築に着手されていたので、並びを拝借させていただく形となりました。(【ORAS】メガバク構築【ダブル】:赤い猿の挑戦 - ブロマガ

 

個別解説

f:id:westb24:20141227090348p:plainハリテヤマ A236 B140 D132

ゆうかん 219-187-98-xx-97-49

B:A177メガガルーラのおやこあいすてみタックル確定耐え

D:C178ニンフィアのダブルダメ眼鏡スキンハイボ確定耐え

 通称デブセリア?とも呼ばれている。猫騙しは、トリックルームを貼るためのサポートやアタッカーの補助をしたりと外せない技である。トリックルームを貼った際に炎技を受けに後ろからでてくるヒードランは、次のターンまもることが多いのでフェイントも刺さった印象。サブウエポンとしてのヘビーボンバーだが、PT単位でニンフィアに打点が少ないと思いいれてみたが、ここは岩雪崩でよかったと感じている。

 

f:id:westb24:20141227090421p:plainサマヨール H252 B148 D164

のんき 147-xx-185-80-164-27

大体の攻撃を耐えまくる耐久オバケ。多くの人のまもるをもっていないという先入観から初手で集中を貰いやすいため、まもるの採用はかなり有意と感じている。トリックルームを貼ったあとには、日本晴れでバクーダのサポートしていくのが基本的な形となる。また、いたみわけは、回復しながら、相手を殴れるという認識の技でありHPの低いサマヨールと相性はバッチリだった。

 

f:id:westb24:20141227090356p:plainバクーダ H252 B4 C236 D12 

ひかえめ 177-xx-91-170-97-48(S個体6~7) → 177-xx-121-214-127-28

B:A216霊獣ランドロス地震(ダブルダメ)最高乱数以外耐え

S:最遅サマヨール+1 鉄球バンギ-1

 この構築のエース、基本的に先発での選出が多い。というのも、メガシンカしない状態では、後だしする際にかなりダメージをもらってしまい、その後先制技で縛られやすくなると感じたためである。実際にギルガルドに後出しする場面があったのだが急所を貰い、悲しくも散ってしまった。トリックルーム+日本晴れ下ではかなりの高火力を相手に押し付けることができるため制圧力はかなり高かった。熱風、噴火の同時採用の理由としては、命中安定技があるかないかの違いで、技を当てれる自信があるなら噴火→大文字などでもよさそう。

 

f:id:westb24:20141227090339p:plainトリトドン H164 B124 C116 D100

のんき 207-xx-114-127-115-39

H:16n-1

C:H175ランドロス冷凍Bで確定1

D:C222ギルガルドシャドーボール確定3

 バクーダがつらい水技を受けることができるぽわぐちょ。水ロトムミロカロスあたりにめっぽう強い。選出する際には後発が多く、水タイプポケが攻めてきそうなときに後出ししていく。選出段階でトリトドンをみているため、相手に水技を打たないように警戒させて、多少強引にバクーダを動かすこともできるが、普通に攻められたときの悲しさには辛いものがある。バクーダがやられてしまってからもヒードランギルガルドに打点を持てるのが偉い。

 

f:id:westb24:20141227090318p:plainエルフーン H252 B188 D68

ずぶとい 167-xx-141-97-104-136

B:A177メガガルーラのおやこあいすてみタックル確定耐え

D:余り

 挑発持ちに対して強めなエルフーン。コンセプト的に晴れメガバクーダといった形なので日本晴れ+トリックルームははずせない。まもるの採用理由はサマヨールと近い。唯一の攻撃技は草結びであるが、ここは選択で他にもてだすけ、挑発など候補にあがるが素直にアンコールをいれたほうが強いような気がする。

 

f:id:westb24:20141227090304p:plainアマルルガ H4 B236 C252 D12

れいせい 199-xx-122-166-114-56

B:A216霊獣ランドロス地震+珠反動込み耐え

 鳴き声が美しい。スキンで高火力になるハイパーボイス、水に抜群がとれるフリーズドライが偉い。サブウエポンとしては、原子の力を選択しているが大地の力や放電でもありなのかもしれない。火力としては、珠を持たせてもすこし足りないと感じる部分があったという印象。耐久はそこそこあるが、氷タイプの宿命なのかすごい弱点が目立ってしまう。このPT内でブレバ耐性を持つ唯一のポケモンである。

 

まとめ

使用感としましては、うまく決まったら強い(どんな構築でもそう)。制圧力に感動するレベルです。しかし、相手は必ずトリックルームを阻害してくる立ち回りとなりトリックルームを貼れない場合は、かなり相手の行動を読んでいかないと厳しいかなという感じでした。挑発持ちだけ、猫持ちだけならトリルを貼ることが容易ですが、ファイアローがでてきたときに、挑発持ちなのか鉢巻なのかで動きがすごく変わってくるあたりファイアローがまだきついかなといった感じでしょうか。

こんなにとがった構築ではありますが、1800に乗せることのできるポテンシャルはあるので要改良といったところです。

 

ガチトリパはハゲ。(名言)

 

このPTを使った実況動画(立ち回りなど参考程度に)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

なにかあればtwitterのほうまで → @WestGleen

【全国ダブル】ユキノオーグレイシア霰パ

 

f:id:westb24:20140506231810p:plainf:id:westb24:20140418234505p:plainf:id:westb24:20140506231845p:plainf:id:westb24:20140506231818p:plainf:id:westb24:20140506231916p:plainf:id:westb24:20141118204822p:plain

 

ポケモン 技1 技2 技3 技4 持ち物 特性
グレイシア ふぶき れいとうビーム まもる シャドーボール のんきのおこう ゆきがくれ
ユキノオー ふぶき こおりのつぶて まもる エナジーボール ユキノオナイト ゆきふらし
ロトム 10まんボルト ハイドロポンプ まもる でんじは オボンのみ ふゆう
ガブリアス アイアンヘッド じしん まもる いわなだれ いのちのたま さめはだ
ギャラドス たきのぼり ちょうはつ まもる でんじは たべのこし いかく
エンテイ せいなるほのお フレアドライブ ストーンエッジ しんそく とつげきチョッキ プレッシャー

 

概要

 カロスダブルで活躍できたメガユキノオーグレイシアの並びから構築をスタートしました。この並びでレートでよくみるポケモンであるヒードランが非常に重たくなってきてしまうのでそれらを他の4体でカバーできるようにしようと考えました。電磁波は構築のメインではなくあとからはいってきたもので、電磁波を絡めながら、上から吹雪していくのも試合の組み立て方のひとつです。

 

個別解説

f:id:westb24:20141118204631p:plainグレイシア H252 C172 D84

ひかえめ 172-xx-130-189-126-85

D:メガリザードンYの非晴れ熱風耐え乱数1発 (93.7%耐え)

霰パとして採用するエース枠になります。

メガリザードンYの非晴れ時のねっぷう(ダブルダメージ)耐えまで耐久に振り、残りCに振りました。よく他で見かけるのがノオーゲッコウガの並びです。カロスダブルのころにはゲッコウガや眼鏡グレイシアを登用してみました。ゲッコウガに関しては火力のインフレと言われるこの時代で、耐久も低く上から殴られるとほぼ瀕死状態かつ、火力が全然足りないので今回は採用を見送りました。ユキノオーと同様にメガガルーラの攻撃を1度耐えるというのは非常に重要な要因だと考えます。またメガユキノオー+グレイシアのふぶきで天候ダメージ込みで考えるとメガガルーラを高確率で1ターンで処理できるのも魅力のひとつです。

 アイテムについてですが、最初はメガネを持たせていましたが、吹雪で固定してしまうとワイドガード持ち、天候を取られた場合、ギルガルドが非常に重たくなってしまいますので、他のアイテムに変えようと考えました。また、グレイシアは拘りアイテムを持っているという先入観を多くの人が持ってたので、これで正解だったと考えます。

特性+持ち物のおかげで避ける確率はあがり、絶望的な状況でも一回避けることで形勢逆転する場面も多々あり、やはりC130族の一致吹雪は侮れませんでした。

 

f:id:westb24:20141118204640p:plainユキノオー H204 A4 B36 C252 D12

れいせい f:id:westb24:20141118204652p:plain191-113-100-158-107-72 f:id:westb24:20141118204640p:plain191-153-130-202-127-45

B:メガガルーラのけたぐりすてみタックル A-1 A172メガクチートアイアンヘッド耐え

D:C222ギルガルドラスターカノンを耐え

C:火力はふぶきで181-120メガガルーラ(43%~51.3%) 霰込みでほぼ2発

 エナジーボールで157-127水ロトムを確定

私が一番好きなポケモンロトムとの縦相性がいいです。

環境トップメガシンカであるメガガルーラすてみタックル、けたぐりを耐えれるかつ

確定2をとれる火力を持っているのが最大の魅力だと感じています。

こおりのつぶては両吹雪したあとに削りきれなかったポケモンに対して有効な技でした。

 

f:id:westb24:20141118215828p:plainロトム

おだやか 156-xx-131-131-145-126

H:オボンの効率(2n) B:補正有のメガクチートのじゃれつくを高乱数耐え(93.7%)

C:4振りのファイアローをほぼ一発、D:補正なしメガリザードンYのソラビ耐え

S:最速バンギ抜き抜き

 一般的な水ロトムファイアローヒードランに強い。いわゆるテンプレと違うところをあげるとすれば「でんじは」の採用だろう。他の方の多くは鬼火を採用している。私は85%という数値が信用できず、なにか他の技ないかなと調べていたときにでんじはに出会った。命中100の上に相手の素早さ1/4しかも行動不能25%と鬼火のA半減とかいうメリットよりもかなり優れていることがわかる。実際の試合でもユキノオーがほぼ瀕死状態にあってもでんじはを絡めることで上からたたけるようになって勝った試合もあった。基本的に10まんボルトで困りませんでしたが、どうしてもというときはハイドロポンプ。命中は80なので、ここぞというときに使っていきたい技です。

 

f:id:westb24:20141105210218p:plainガブリアス H4 A252 S252

ようき   184-182-115-xx-105-169

  メガリザードンYに強いポケモン。ドラゴンクローを切っている理由として、対竜なら吹雪で事足りるからです。このPTでのフェアリー打点がないので申し訳程度のアイアンヘッド。基本的には地震と岩雪崩しか使わなかった印象があります。命の珠を持たせているのは、基本的に全体技を打つ以上それなりの火力を出してほしいためです。前まではダークホール対策にラムを持たせていたのですが全体的にドーブルが少なくなっていることを理由にラムを持たせるのをやめました。持たせてないことで1度だけ負けましたくらいなのでよかったと思います。ヒードランに強いですが取り巻きにクレセリアがほぼ100%いるので選出はこのPTでも低かったと思います。

 

 f:id:westb24:20141118221517p:plainギャラドス H164 A4 B76 D12 S252

ようき 191-146-109-xx-122-146

D:C177サザンドラのメガネ流星群耐え

 ヒードランに強く上から殴れるポケモン。もともとの技威力が低いせいか火力には特に困ることはなかった。でんじはまいてやることがなくなったらひたすらにたきのぼり。半減相手にでも麻痺怯みを期待して打つぐらいのポケモン。挑発は積極的に使う技ではなかった、たまに使うレベル。

(BOXのなかで眠っていたポケモン。BOXの中ではたきのぼり氷のキバ身代わり竜の舞とかいう技だったので技構成を変えただけ。生まれた日は2013/12/20ほんとに調整の意図が見えない。そして記事を書き始めた今A4振りだったんだと気づく)

 

f:id:westb24:20141118222728p:plainエンテイ H132 A252 B100 D4 S20

207-183-118-xx-96-123

 H:16n-1(天候ダメ最少)A:ぶっぱ S:準速キリキザン抜き

 ギルガルドメガクチートメガリザードンYに強いポケモン。チョッキをもたせることでリザードンに対して後出ししやすくなっている。メインウエポンは聖なる炎と神速。フレアドライブは限定技なためどうしても消せなかったが命中安定の高威力技どうしてもはずせないときは使用することもあった(フレドラ消してる人すごい)。じならしだともっとPT的にヒードランに強くなれる。(5世代から連れてきてそのままの個体。なぜBに100も振られているかわからない。)

 

 まとめ

 全国ダブルでよく見られるガルーラスタン(ガルーラニンフィアボルトロスランドロスクレセリアヒードラン)に対しての吹雪の刺さり具合が非常に良い。この場合ヒードランをうまく処理すれば、ふぶきの一貫性があり勝負を一気にもっていくことができる。シーズン最後で上位入賞しているエルフーンテラキオンメガゲンガーの並びには滅法弱く特にテラキオンがきつすぎるため勝率が全く期待できなかった。ガブリアスを鋼タイプであるギルガルドハッサムに変えて厚くすることもできるがその場合、リザードンヒードランが選出段階で重たくなってしまうので一長一短でしょうか。60戦以上を1900台でうろうろと維持できるくらいの構築なのかなという感じですね。まだまだ穴はあるものの霰パーティもまだまだ現役でいけるという希望が見えました。

最高レート1970 最終レート1881

 

このPTを使った実況動画(立ち回りなど参考程度に)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

なにかあればtwitterのほうまで → @WestGleen